むずむず脚症候群の治し方をまとめています。人気のサプリやクリームなども紹介。

むずむず脚症候群の治し方@人気のサプリやクリーム、食べ物や治療薬

むずむず脚症候群

むずむず脚症候群に良いツボ押し箇所やマッサージ方法は?

更新日:

むずむず脚症候群の「むずむず感」は、副交感神経が働きすぎることが原因です。

あの不快な症状を改善する方法は、病院で処方される医療用医薬品、ドラッグストアで購入できるサプリメント、公式サイトで購入できる専用クリームと専用サプリメント、そしてツボ療法とマッサージです。

むずむずに「一押し」の価値あり

むずむず脚症候群は神経のバランスが崩れた状態ですから、副交感神経の働きを抑え、交感神経の働きを促すことで、不快な症状が和らぎます。その治し方の一つが、「経穴(ツボ)」の一押しです。

ツボとは、「気と血」の通り道とされる経路を指で押さえ、その流れを促すことで、人が本来持っている自然治癒力を高める方法です。人の体には365のツボがあり、12の経路に沿って配列されています。

むずむず脚症候群は睡眠障害に分類されるので、効くツボは睡眠障害と同じです。もちろん、治療薬ではないので、「必ず効く」とは言い切れませんが、試してみる価値はあります。効果の高いツボは以下の6つです。

三陰交(さんいんこう)

内くるぶし上部から指4本分の位置にあるツボです。足にある3つの経脈が交わる場所で、特に血流を促し、ホルモンバランスを調整する働きがあります。

生理不順や冷え性など女性特有の疾患に効くとされています。むずむず脚症候群は血流が滞留している状態なので、このツボを押すことで症状が改善されます。

合谷(ごうこく)

手の親指と人差指の合わさる谷間にあるツボです。このツボは虎口とも呼ばれ、体の気の巡りを改善する効果があります。

鎮痛鎮静効果が期待でき、頭痛や歯痛、肩こりなどに効くとされています。痛みに効果があるツボなので、三陰交と併せて押すと症状が和らぎます。

足三里(あしさんり)

足の皿から指3本分下の位置にあるツボです。強壮作用があり、身体を元気にする働きがあります。

身体の気と血の流れを改善するので、下肢運動器疾患、消化器疾患などに効くとされています。むずむず脚症候群や足のむくみに押すツボです。

上巨虚(じょうこきょ)

足三里から指3本分下にあるツボです。上巨は大腸を意味しており、腸内に邪気が溜り、血が滞った場合、このツボを押して邪気を払い、気と血の流れを促進します。

足のだるさやむくみ、下肢の脱力や麻痺に効くとされています。

下巨虚(げこきょ)

上巨虚より指3本分下にあるツボです。このツボは足の疲れに加え、消化器疾患にも効きます。胃の働きが悪くなると、自律神経が乱れ、不眠に結び付きます。

胃のツボ「足三里」と大腸のツボ「上巨虚」、小腸のツボ「下巨虚」を押さえることで、胃腸の症状が改善され、不眠症状が和らぎます。

曲池(きょくち)

肘を曲げたときにできる横しわ部分にあるツボです。池とは気血や邪気が溜ることを意味しています。このツボを押さえると、血行がよくなり、眼精疲労や頭痛、肩こりや首こりなどが改善されます。

上肢の神経痛に効果があるので、むずむず脚症候群の症状が腕に発現している人に効果があります。

3対5対5がツボ押し上手

ツボ押しには指圧のほかに、揉む(もむ)、擦る(さする)があります。むずむず脚症候群の場合は指圧が適しています。

どのツボを押しても痛みを感じますが、それは効いているサインです。ですが、もみ返し(過度な押し方で起こる筋肉痛のような症状)が出るような強い押し方は厳禁です。

自分でツボを押す場合は、親指を重ねて徐々に深く押します。1回当たりの時間は3秒間で深く押し込み、5秒間押し続けた後、5秒間で緩めるのが目安です。自分の指先で少しずつ毎日行うと効果が得られます。

むずむずに西洋版指圧を試す

マッサージの語源は、ギリシャ語「マッシー(揉む)」とアラビア語「マス(押す)」とされています。要するに、西洋版「指圧」です。

この手技療法はフランスで確立されました。施術的な特徴は手で皮膚に触れ、主に血液やリンパの流れを改善し、心身の緊張をもみほぐすことです。

リラックス状態とは交感神経と副交感神経のバランスが保たれた状態ですから、むずむず脚症候群に効果があります。就寝前にふくらはぎをマッサージすると症状が和らぎます。まず、両手の親指で足裏の中心部から土踏まずに向かって刺激を与えます。

次に、親指と人差指でくるぶし下からアキレス腱に向かって刺激を与えます。そして、手のひらで足首から膝裏にかけて刺激を与えます。

最後の仕上げは、膝の裏側と表側(お皿)を両手で包み込むようにやさしく揉み擦ります。

マッサージにオイルを使用するのもオススメ

マッサージに必要なものはアロマオイルキャリアオイルです。

キャリアオイルとはペパーミントやローズマリーなどアロマオイルを希釈する植物性のベースオイルで、ホホバオイルやアボガドオイルなどがあります。

アロマオイルの量はキャリアオイル10ml当たり2滴です。ですが、アロマオイルもキャリアオイルも高価ですし、調合が面倒です。

足のむずむず専用クリームで副作用とさようなら


そんな面倒から解放してくれるのが、マッサージ専用クリーム「HQLスムージングマッサージクリーム」です。

足のむずむず感を抑えるドーパミンの生成に必要な栄養素「鉄分」「アミノ酸」「ナイアシン」など7成分を配合し、皮膚から吸収しやすいようナノ化(10億分の1に最小化)してあります。

しかも、足に心地よい天然メントールと心にリラックス効果をもたらすラベンダーが配合されています。香りと冷感に癒される人も少なくありません。使いやすいチューブ入り(150g)で、約1カ月間安心して使えます。

貼ると塗るの違いで比較すると、貼るニュープロパッチ6.75mg(1日上限量)の薬価は681円(2018年4月1日現在)です。3割負担の場合、自己負担額は204円となります。

これに対し、塗る専用クリームは1日5g使用した場合、190円となります。経済的にお得な専用クリームには「副作用ゼロ」という高いアドバンテージがあります。

しかも、アンケート調査によると、むずむず感の軽減を体感した人が90.3%、毎夜の安眠を体感した人が92.5%を占めています。マッサージの強い味方になりそうです。これで心と体のむずむずから解放されるかもしれません。

むずむず脚症候群の解消おすすめアイテム

スムージングマッサージクリーム

スムージングマッサージクリームは、むずむず脚症候群の為に開発された専用クリームです。

メントールなどの自然成分が働き、塗って速攻、むずむずする足をひんやりと冷やします。

さらにむずむず脚に必要な成分を補給できるので、鉄分やアミノ酸、葉酸、カルシウムなどを肌から補給し、内側からのアプローチも同時に実現させます。

使用者の満足度も高く、とてもオススメできるクリームです。また、10日間の返金保証が付いているので安心して試すことができます。

ムズムズシラズ

ムズムズシラズはむずむず脚症候群の時に摂取したい成分が一度に取れる、むずむず脚専用サプリメントです。

鉄分の中でも吸収率が高い「ヘム鉄」や葉酸、天然ビタミンなど、むずむず脚に良いとされる成分が豊富に含まれている他にはないサプリなので、効果を実感している方も多いです。

-むずむず脚症候群
-, ,

Copyright© むずむず脚症候群の治し方@人気のサプリやクリーム、食べ物や治療薬 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.