むずむず脚症候群の治し方をまとめています。人気のサプリやクリームなども紹介。

むずむず脚症候群の治し方@人気のサプリやクリーム、食べ物や治療薬

むずむず脚症候群解消アイテム

ムクナ豆の効果と副作用、口コミのまとめ。パーキンソン病にも良いと評判?

投稿日:

豆類には栄養が豊富なものが多く、人々の健康維持のため食材として幅広く用いられています。

熱帯地方で栽培されるムクナ豆も、そんな豆類の一種ですが、パーキンソン病など不快な症状を抱えている人に良いとして注目されています。

ムクナ豆はその効果の高さの情報が広まりつつあり、実際に購入する人も着実に増えています。

ムクナ豆って何なの?

ムクナ豆は日本名でハッショウマメと呼ばれるマメ亜科トビカズラ属に属する植物です。

東南アジアや中国の南部、ブラジルなど熱帯地方で栽培されており、日本では沖縄で栽培されていたこともありました。

ムクナ豆は、黒や白、黄褐色などの色をしており、栄養分が豊富なのが特徴です。

必須アミノ酸や鉄分などを多く含み、特に、濃度の高いLドーパを含むのが特徴です。

また、ムクナ豆は栽培できる地域が広く、病害虫にも強いという性質があるため、肥沃な土地があまりない地域での食料対策としても活用が期待されています。

ムクナ豆にはスゴイ効果がある?

ムクナ豆はただの豆ではなく、インドでは昔からアーユルヴェーダの医療の薬草として活用されてきました。

現代になって注目を浴びる数千年も前から、神経と性についての治療薬として用いられていました。

ムクナ豆の効果は、パーキンソン病との相性の良さで語られることが多いです。

パーキンソン病に用いられるLドーパ製剤の代わりとして、古代ではインドですでに用いられていたくらいです。

ですが、他にも強壮剤として使われているなど、日常的に疲れやすいという人はムクナ豆を摂取することも考えてみると良いかもしれません。

ムクナ豆はその成分に必須アミノ酸をバランスよく含んでいる豆です。

現代人は通常の食事からだけでは、十分なアミノ酸を取ることができていません。

ムクナ豆を摂取することで、不足がちなアミノ酸を補うことも可能になります。

また、鉄分が豊富に含まれていますので、体質的に貧血気味の人、鉄分が慢性的に欠乏している人などは、意識してとってみる価値はあると言えるでしょう。

食べすぎ注意!ムクナ豆の副作用

ムクナ豆の成分は基本的にはソラマメと変わらないため、普通に食べている分には、危険というわけではありません。

ただ、摂取量が多くなってくると、副作用が発生する可能性もあります。

ムクナ豆はドーパミンの原料となるLドーパを多量に含む点が大きな特徴です。

そのため、一度に大量に摂取したり、すでにパーキンソン病の治療などでLドーパの薬を服用している人が合わせてムクナ豆を多めにとってしまうと、Lドーパが効きすぎて不随意運動や低血圧などの症状につながる可能性があります。

Lドーパの影響という点でいうと、抗精神薬を服用している人や妊婦さん、小さい子供などは、避けたほうが無難かもしれません。

また、生や半生の状態で食べるとアクが強いために胃腸に負担がかかる可能性があります。

なので、ムクナ豆を食べる場合、しっかりとアク抜きをする必要があります。

ムクナ豆とパーキンソン病との関係

ムクナ豆が注目されているのは、パーキンソン病との相性が良いと言われているからです。

脳内でドーパミンが不足すると、結果として、運動障害を引き起こすパーキンソン病につながりかねません。

そこまでいかずとも、手や足に不快な感覚が生じるレストレスレッグス症候群などの原因にもなりかねません。

これらはドーパミンの不足や、ドーパミンが脳内でうまく働かないことによって生じると考えられています。

ムクナ豆がパーキンソン病と相性が良いと言われるのは、ドーパミンのもととなるLドーパを豊富に含むことと、脳内でドーパミンの働きと深い関係のある鉄分を豊富に含んでいるからです。

高濃度のLドーパを含有している珍しい豆がムクナ豆です。

加齢によってドーパミンの分泌は減少すると考えられており、若い人より高齢者のほうがパーキンソン病となる割合が高い一因と言われています。

それ以外にも、ドーパミンの分泌は日々を生きる気力とも大きな関係があり、日々を意欲的に生きていくためには、欠かせない存在と言うことができます。

なので、現代人が健康で意欲的に日々を過ごしていく上では、脳内でドーパミンがしっかりと分泌されて、神経伝達物質として正常に働く必要があります。

この部分の仕組みがおかしくなった時、パーキンソン病など、さまざまな症状の原因につながる可能性があります。

ムクナ豆は豊富なLドーパと鉄分によって、現代人の健やかな生活を維持する手助けをしてくれます。

ムクナ豆を利用した人の口コミ

現代人はムクナ豆そのものを食べるより、加工されたサプリメントを摂取するほうが、お手軽で利用しやすいと言えるでしょう。

ムクナ豆のあるサプリメントについて、Amazonに寄せられている口コミレビューをいくつか紹介してみます。

ムクナ豆について理解を深めるための参考にしてみてください。

不思議なことに漠然とした不安感がなくなった

使用して二日目ですが、朝目覚めの時に感じていた仕事等に感じる漠然とした不安感が無くなりました。いままでは、起床し自分に「不安は無い、煩わしいだけだ」と言い聞かせていましたが、そのような感覚はまるで無くなりました。

いろいろな方のレビューから思い込みもあるのでしょうが。非常にいい感じです。さらに私にとって、これが一番なのですが、仕事等で考え事をすると、頭の中がなにかもやぁとした感じで、以前のように対処法を考え付くのではなく、疲れた感じでしたが、こちらもかなり改善しました。

ちなみに57歳の親父です。拙い文章で申し訳ありません。素直な感想でした。

むずむず足に

7年前くらいからむずむず足がはじまり、今では日中でも座りっぱなしだとひどく痛むのでストレッチなどしてましたが 効果が無かったのでこのサプリを試してみました。
鉄分と併用してかなり楽になります。
座り仕事も諦めていたので 暫く様子を見て日中の痛みが無いようでしたら復帰しようと思います。
まだ摂取を始めて10日程度ですが、取り始めてすぐ痛みが激減しました。
ただ車の長距離運転時では1時間も座っていると痛みが出始めたので、
どの程度までなら大丈夫なのか見極めが必要かと思います。

いいかも
58才男性ですが、服用を続けていると 朝 元気な時が増えました。

ムクナ豆で健やかな生活を送ろう
ムクナ豆は気軽にスーパーで商品として買えるほど、まだ一般的になっているわけではありません。ですが、必要とする人には間違いなく有効である食べ物です。

もし自分にはムクナ豆が必要かも…?と思われた方は気軽な気持ちで試してみてください。

お手軽な価格で購入できるサプリなどもいろいろと存在していますので、そういったものを利用すると良いでしょう。

むずむず脚症候群の解消おすすめアイテム

スムージングマッサージクリーム

スムージングマッサージクリームは、むずむず脚症候群の為に開発された専用クリームです。

メントールなどの自然成分が働き、塗って速攻、むずむずする足をひんやりと冷やします。

さらにむずむず脚に必要な成分を補給できるので、鉄分やアミノ酸、葉酸、カルシウムなどを肌から補給し、内側からのアプローチも同時に実現させます。

使用者の満足度も高く、とてもオススメできるクリームです。また、10日間の返金保証が付いているので安心して試すことができます。

ムズムズシラズ

ムズムズシラズはむずむず脚症候群の時に摂取したい成分が一度に取れる、むずむず脚専用サプリメントです。

鉄分の中でも吸収率が高い「ヘム鉄」や葉酸、天然ビタミンなど、むずむず脚に良いとされる成分が豊富に含まれている他にはないサプリなので、効果を実感している方も多いです。

-むずむず脚症候群解消アイテム
-, , ,

Copyright© むずむず脚症候群の治し方@人気のサプリやクリーム、食べ物や治療薬 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.